ホーム >

支部長あいさつ


k.imagome こんにちは。
神奈川県美容業生活衛生同業組合(美容組合)平塚支部支部長の中島勝信です。
お客様に於いては美容室の衛生面や技術面などのレベル向上を保つために、同業者に於いては業界の働きやすい環境や保障、資金調達など様々なアシストをするために美容組合があります。
近年は横の繋がりを面倒と捉えて美容組合に加入しないお店も増えていますが、組合があることによって組合外の美容室も様々な圧力から業界が守られていることを知って頂きたいと思います。
そういった堅いことを除いても、レクリェーションや勉強会など為になることや楽しいことがいっぱいありますよ。それに同業者と意見交換や親睦を重ねることで自分のお店にプラスになることは沢山あります。是非美容組合という堅そうな名前にとらわれず一度参加して見て下さい。
お客様はこちらのサイトを参考にして自分に合った素晴らしい美容室、美容師との出会いがあることを望みます。その一助になれば幸いです。
私達はお客様を通してこの湘南の地を美しい街にそして華やかな街にするために日々頑張っています。
どうぞよろしくお願い致します。


髪はいつ作られる?


m.goto 今回は「髪はいつ作られる?」というテーマです。
のべつまくなしに伸びているようで実は法則があったのです。肌は夜作られるということは皆さんもご存知ですよね。ですから睡眠は充分とることが美容においてはとても大切なことなのです。
そしてなんと髪も夜作られるのです。頭皮も肌の一部ですから新陳代謝の一番活発なのは実は夜なのです。だから最近は朝シャンプーはやめましょうなんて、雑誌でも盛んに取り上げられたりしています。夜汚れたままにしていると頭皮についた脂やよごれで、代謝が活発に行われなくなるおそれがあるのです。肌に例えれば、メイクを落とさないまま寝てしまったらどうなるのか・・・考えればわかりますよね。
朝シャン派、特にムース、ワックスなど整髪料を使用している人は、夜シャンプーして頭皮を清潔に保つように心がけましょう。そして朝は濡らすだけにしてなるべく夜洗うように心がけてください。
それから余談ですが、朝の急がしいときに行なうシャンプーは総じてすすぎが不十分になりがちです。すすぎが不十分だとどうしても頭皮に洗剤成分などが残ってしまう危険性があります。それが頭皮や髪にダメージを与える一因になっているとも考えられています。ですからそういった観点から見ても夜の余裕のある時間にマッサージするように頭皮を洗い、充分に洗い流せるようにしてください。そして頭皮頭髪に優しい成分で作られたシャンプー、トリートメントを使用しましょう。ワンポイントアドバイスとしては、ボトル後ろの表示成分にミネラルオイルやパラフィンもしくは流動パラフィンという成分が入っていたら避けた方が賢明かも知れません。それらは石油から取られる成分のため、頭皮頭髪に残ってしまうことが多いからです。肌が敏感な人はそれらの成分に反応してしまう怖れがあります。気をつけましょう!

シャンプー&トリートメントについて


今回は私達が身近に使っているシャンプー、トリートメント、整髪剤などに含まれている基材について考えてみたいと思います。 みなさん、これらの物はどういった原材料で作られているか御存知ですか?これらの製品は水、油、界面活性剤、補助剤でできているんです。化粧品と呼ばれる物はほとんどこれらの物の配合割合が変...つづきはこちら