ヘアケア > 総合

髪のお手入れ


m.goto 一般の方にも美容師さんにも読んでおもしろい、ためになるようなページにしたいと思っています。
そういえば、先日高校生の男の子をカットしてるとき
「最近髪痛んでるんすよねぇ。トリートメントしたほうがいいっすよねぇ?」と聞いてきました。
「うん、冬場は乾燥するし、男の子でもやった方がいいよ。」と応えると「俺、リンスとトリートメントの違いわかんないんすよねぇ。あれってなにが違うんですかぁ?」と彼。
うーん、美容師間では常識でもまだまだわかってない人多いんですよね、この問題意外と。
ということで今回のテーマは!「リンスとトリートメントの違い」
簡単にいえば、リンスは髪の保護剤でトリートメントは髪の栄養剤と思っていただければわかりやすいですね。
リンスには髪の表面にくっついて外部の刺激から髪を守る働きが備わっています。あとはくし通りを良くすること。髪のガードマンですね。
対してトリートメントは髪の栄養素であるケラチンやアミノ酸などのたんぱく質などが多く含まれていて、髪に栄養補給してくれるものです。まぁ分かりやすく言えば髪のご飯とでも言いましょうか。ですからいかに髪の中に吸収させるかが問題です。よく美容師が時間を置いてくださいね。とかタオルで蒸してくださいね。とかいうのはそのためなんです。リンスの場合は表面についてくれればいいのでそんなに時間を置かなくてもいいんです。順番的にはトリートメントして栄養補給させてから、リンスで保護するのがベストですよ。
あとコンディショナーと言うものもあります。それはリンスとトリートメントを掛け合わせたものと考えればいいと思います。二つのいいとこ取りですね。でも言い換えれば、どっちつかず・・・・美容師の立場から言えば、中途半端かなとまぁ使い方を間違えないで、しっかりケアしましょう!
髪のコンディションが悪いとヘアスタイルも絶対決まらないですよ。ここ重要でっす!!

LINEで送る

NEXT : 髪はいつ作られる?

パーマのしくみ


今回は私達美容師の専売特許であります「パーマ」について書きたいと思います。 何気なくかけてるパーマはどんな作用でああいうカールを作っているのかなんて知る人はいませんよね。そもそも髪の内部は分子同士がシスチン結合といった側鎖によって繋がった間充物質などで構成されています。そのシスチン結合を一旦そのシ...つづきはこちら