ヘアケア > 総合

この時期のヘアケアーについて


m.goto やっと春っぽい風を感じられるこの頃になってきました。
花粉症で悩まされるじきでもありますが、季節の変わり目はお肌や体の調子も微妙に変化してくるものです。当然髪の毛も変わります。
まずは外的刺激が変化してきます。冬は暖房などで乾燥しがちな環境でしたが、今度は紫外線によるダメージの刺激へと変わってきます。冬の間あまりケアーをしていないと既に水分減少毛になっている可能性があります。
そこに持ってきて今度は紫外線が強くなります。するとどうなるのでしょう?そうです、加速度的に髪の痛みが進むのです!だから季節の変わり目は特にケアーを集中して行なう必要性があるのです。特にロングヘアーでヘアカラーをしているアナタ!そう。アナタですよ。髪は長ーい友達と古いコマーシャルでも言っていました。お友達は大切にしましょうね。
ケアーの方法としては日常的にやっている自宅でのトリートメントの放置時間を延ばしてあげる。流さなくて良いアフタートリートメントを使用する。UVケアーの付いているブローローションなどで保護してあげる。などが有効的。特にお風呂でのトリートメントを10分以上置いてあげることは特に効果的です。油分の多いトリートメントは分子が大きいので髪の中に浸透する速度が遅いからです。心がけてください。
それから美容室に行って専門的なシステムトリートメントで集中ケアーというのも効果絶大!この時期何もしないでいるのは髪にとって自殺行為に等しいんです。しっかりケアーしてこの時期を乗り越えましょう!

LINEで送る
PREV : ヘアカラーの明度と彩度
NEXT : トリートメントとリンスの違い

髪はなぜ染まる?


カラーはどうして色がはいるのでしょうか? メカニズムとしてはまず一剤に含まれる「アルカリ剤」「界面活性剤」が髪をブリーチ(メラニン色素を分解)します。そして一剤に含まれる色素と2剤に含まれる過酸化水素が毛髪内部で発色して色がはいるのです。これが一般的なアルカリカラーの仕組みです。だから2つの異なる作業...つづきはこちら