ホーム >

支部長あいさつ


k.imagome こんにちは。
神奈川県美容業生活衛生同業組合(美容組合)平塚支部支部長の中島勝信です。
お客様に於いては美容室の衛生面や技術面などのレベル向上を保つために、同業者に於いては業界の働きやすい環境や保障、資金調達など様々なアシストをするために美容組合があります。
近年は横の繋がりを面倒と捉えて美容組合に加入しないお店も増えていますが、組合があることによって組合外の美容室も様々な圧力から業界が守られていることを知って頂きたいと思います。
そういった堅いことを除いても、レクリェーションや勉強会など為になることや楽しいことがいっぱいありますよ。それに同業者と意見交換や親睦を重ねることで自分のお店にプラスになることは沢山あります。是非美容組合という堅そうな名前にとらわれず一度参加して見て下さい。
お客様はこちらのサイトを参考にして自分に合った素晴らしい美容室、美容師との出会いがあることを望みます。その一助になれば幸いです。
私達はお客様を通してこの湘南の地を美しい街にそして華やかな街にするために日々頑張っています。
どうぞよろしくお願い致します。


トリートメントの仕方について


m.goto 乾燥する季節がやってきました。夏のダメージも残っているので、この季節はぜひトリートメント強化月間にしていただきたいものです。ということで、今回は正しいトリートメント方法をご教授してぜひ髪を潤わせていただきたいと思います。
トリートメントというものは大体のものはクリーム状になっていると思います。クリーム状のものをそのまま塗布して時間を置いても実はなかなか浸透しないんですよ・・それを一旦もう少しトロトロの状態にしなくてはいけません。それを私達の業界では乳化と呼んでいます。
それでは乳化するにはどうすればいいのでしょうか?一番簡単な方法がタッピングと呼ばれる技法で、これは毛を両手で軽く叩いて乳化を促す方法です。やり方としては、髪が短い人はトリートメントを髪にまんべんなくつけたら両手でピチピチと頭を叩いて下さい。撫で叩いているうちに感触がかなりトロトロヌルヌルに変わってきて髪の毛がつるつるになるのが分かると思います。そうしたらそのまま一分ほど置いてから流します。
ロングの人は、毛を両手で包むようにしながらピチピチやります。ヌルっとなったら同じように置いて流します。せっかくやるならこれをやらなきゃ損。本当に浸透力がよくなりコンディションも違うはず!
コツはヌルヌルになるまでしつこくやること(笑)ただそれだけです。
では今晩からがんばって下さい!

シャンプー&トリートメントについて


今回は私達が身近に使っているシャンプー、トリートメント、整髪剤などに含まれている基材について考えてみたいと思います。 みなさん、これらの物はどういった原材料で作られているか御存知ですか?これらの製品は水、油、界面活性剤、補助剤でできているんです。化粧品と呼ばれる物はほとんどこれらの物の配合割合が変...つづきはこちら